クリエイティビティには休息が必要

  • Date: 09/2022

優れたクリエイティビティには、大きな努力が必要です。しかし、クリエイティビティには休息も必要です。そうすることで、脳は燃え尽きることなく、再始動することができます。W+K Tokyoでは、メールやSlack、仕事関連のメッセージは8時から20時までとし、翌朝や週明けまで待つことができるものには、門限を設けています。これにより、社員はカルチャーや東京のこと、友人や家族との時間など、他のことを吸収する時間を持つことができます。クライアントやパートナーにもこの門限を守ってもらい、夜間や週末中に回答が必要な場合を除き、「送信日時の設定」を利用しています。また、7月と年末年始に1週間ずつ、脳をリチャージするためにオフィスを休業としています。

Browse More

Contact

Wieden+Kennedy Tokyo 1-7-13,
Kamimeguro Meguro-ku, Tokyo,
Japan 153-0051 P. +81 03 5459 2800
Wieden+Kennedy Seoul Seoul
Finance Center 136, Level 21
Sejong-daero, Jung-gu Seoul Korea 04520

Contact

ワイデン+ケネディ トウキョウ 東
京都目黒区上目黒 1-7-13 P. +81 03
5459 2800
ワイデン + ケネディ ソウル ソウル
金融センター 136、レベル 21
韓国 04520 ソウル中区世宗大路
© Wieden+Kennedy 2022