Avoid ads that scream a label… Brands need to speak their point of view on social issues

  • Date: 09/2021

ECDのスコット・ダンゲートが韓国の国民的メディアである Maeil Business Newspaper の取材を受けました。

W+K Tokyoは韓国での事業を拡大しており、現在Nike Korea,、Netflix Korea,、Stellar Artois、HP OMEN Koreaといった国際的なブランドとのパートナーとして選ばれています。

See the full article: [Insight] "단순한 상표는 거부…브랜드도 사회적 목소리 내야"
(英語タイトル: Avoid ads that scream a label… Brands need to speak their point of view on social issues)

記事は韓国語ですが、私たちとして大切にしている価値観についてお話させていただきました。

"We want to make sure we tick the boxes on strong POV, relevance to the brand and audience, as well as being impactful in culture”
強力なPOV、ブランドやそのオーディエンスとの関連性、そして文化的にインパクトのあるものであることを確認することが重要です(記事より引用)

Contact

Wieden+Kennedy Tokyo
1-7-13, Kamimeguro Meguro-ku,
Tokyo, Japan 153-0051
P. +81 3 5459 2800
F. +81 3 5459 2801

Contact

ワイデン+ケネディ トウキョウ
153-0051
東京都目黒区上目黒 1-7-13
P. +81 3 5459 2800
F. +81 3 5459 2801
© Wieden+Kennedy 2021